iOS15 iPhoneの使い方 解決記事

【削除】iPhoneの「ウォレット」で期限切れのパスを非表示できない場合の対処設定方法

 Apple社の新型モデル「iPhone13」など向けに配信中の最新バージョン「iOS15.6」にアップデート後に「標準アプリ『ウォレット』内に登録した期限切れのチケットを削除できない!非表示できない!」などの対処方法や設定が分からない一部のユーザーが発生しているようです。

 下記が『【解決】iOS15のiPhoneの「ウォレット」アプリで期限切れチケットパスを削除/非表示できない場合の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「ウォレットとApplePay」→「期限切れのパスを非表示」をオンにしてください
  2. 「ホーム画面」→「ウォレット」アプリを開く→「ウォレット」画面にて「期限切れのパス〜枚を表示」を選択してください
  3. 「期限切れ」画面にてチケットパスを選択→「削除」を選択するとチケットパス自体を消去、「非表示を解除」を選択すると期限切れしていないチケットパスと同時表示されます
  • 上記の設定でもiPhoneやiPad上の問題が解決できない場合について下記の設定方法を確認・実行してください
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンがインストールされていることを確認してください
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「(iPhone)ストレージ」からお使いのiPhone・iPad本体の空き容量が十分にあることを確認してください
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「システム終了」→「スライドで電源オフ」からiPhone・iPad本体の電源を一度落とし、その後に「電源ボタン」を長押しし、本体の電源を再起動してください
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「システム終了」を選択し、iPhone・iPad本体の「電源ボタン」を押し、本体の電源を再起動してください
  5. 「電源ボタン」を長押し→「スライド電源をオフ」を右にスワイプし、iOSデバイスの電源を終了し、再起動に試してください 
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

© 2022 スマホPCの使い方の説明書 Powered by AFFINGER5