iPhone、Android、Mac、Windowsの使い方を教えます

スマホPCの使い方の説明書

Macの使い方 解決記事

【解決】MacOSMojaveで「接続がセキュリティ保護されていません」と表示される場合の対処設定方法

更新日:

 Apple社の最新モデル「MacBookAir(MacBookPro)」や「iMac」を対象にリリース中の最新バージョン「MacOS 10.14 Mojave」を利用している際に「『Gmail』や『Safari』にて「接続がセキュリティ保護されていません」というエラーコードが表示されるなどの設定の方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです

下記が『【解決】「MacOS 10.14 Mojave」で「接続がセキュリティ保護されていません」と表示される場の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「デスクトップ画面」→「Finder」を開く→「アプリケーション」から「キーチェーンアクセス」を選択してください
  2. 「キーチェーン画面」にて「検索(画面右上)」を選択し、「verisign」と入力してください
  3. 「検索結果」画面にて「接続がセキュリティ保護〜」のエラーコードが表示される証明書ファイルを右クリック、「ファイル名を削除」を選択してください
  • 上記の設定でもMac BookAir/Pro/iMacにて発生している問題が解決しない場合は下記の方法を参考にしてください
  1. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク(画面左上)」→「スリープ」後にもう一度試してください
  2. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク(画面左上)」→「再起動」後にもう一度試してください
  3. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク(画面左上)」→「システム終了」後にもう一度再起動し、試してください
  4. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク(画面左上)」→「このMacについて」から本体の空き容量を確認してください
  5. 「デスクトップ画面」→「Finder」を開く→「アプリケーション」→「MacAppStore」の「アップデート」からインストールしているアプリを最新バージョンにアップデートしてください
  6. 「デスクトップ画面」→「Finder」を開く→「アプリケーション」から「MacAppStore」以外からインストールしたアプリを削除してください
  7. 【追記】:上記の設定でも解決しない場合は、「デスクトップ画面」→「Safari」などのブラウザから「Apple公式ヘルプ」などに問い合わせてください
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

Copyright© スマホPCの使い方の説明書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.