iOS15 iPadの使い方 iPhoneの使い方 解決記事

【復元】iOS15のiPhoneをiOS14にダウングレードできない場合の対処設定方法

 Apple社の新型モデル「iPhone13」シリーズなど向けにリリース中の最新バージョン「iOS15.0」にアップデート後に「以前のバージョンである『iOS14.8』にダウングレードできない!元に戻せない!などの対処方法や設定方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生することが考えられます。  下記が『【解決】iOS15のiPhoneをiOS14にダウングレード復元できない/元に戻せない場合の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定」→「AppleID(最上部)」→「探す」→「iPhone(iPad)を探す」をオフにしてください
  2. 「iOS15.0」のiPhone・iPadを「Window」または「Mac」を搭載したパソコンに接続し、「iTunes」を起動します
  3. 「iTunes」の「概要」タブの「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」に✓を入れ、「今すぐバックアップ」を必ず選択してください。
  4. 「iPhone」または「iPad」本体の背面部分にある「GSM」と「CDMA」を確認し、「iOS14.7.1」のファームウェアを『GetiOS』もしくは『ipsw.me』から機種名・モデル名・iOSバージョンを選択し、「ipswファイル」をダウンロードしてください
  5. 「Mac」の場合は「Alt」と「Option」を同時押し、「Window」の場合は「Shift」を押しながら「アップデートを確認」をクリックします
  6. ④でダウンロードした「iOS14.7.1」のファームウェアを選択し、「iTunes」画面内にて「iPhoneの内容が消去され、「iOS14.7.1」ソフトウェアで復元されます」画面にて「OK」を選択すると自動的にダウングレード開始されます
  7. 「iTunes」内にて『新しいiPhone(iPad)へようこそ』画面で「このバックアップから復元」を選択し、③で作成したバックアップを選択し、復元したら完了です
  8. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「情報」→「バージョン」が「iOS14.7.1」になっていたら完了です 
  • 上記の設定でもiOS15からiOS14にダウングレード復元できない場合は下記の設定もお試しください
  1. 「Windows」もしくは「Mac」などのパソコンから「AppleDeveloperProgram」にログインします
  2. 「SoftwareDownload」画面にて「iOS14.7.1」の「Download Restore Images」または「ViewAll」からダウンロードするiOSプロファイルを選択します
  3. 「iOS15.0」をインストールしたiOSデバイスをリカバリーモードにした状態でパソコンに接続します(リカバリモードについては過去記事『』を参考にしてください
  4. 「iTunes」の「概要」タブの「復元」を選択することにより、自動的にダウングレードが開始されます
  5. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「情報」→「バージョン」が「iOS14.7.1」になっていたら完了です 
  6. 【追記】:保存したバックアップからデータを復元する場合は、「iTunes」の「このバックアップから復元」を選択→「新しいiPhoneへようこそ」の「このバックアップから復元」からデータを選択し、「続ける」を選択します
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

© 2021 スマホPCの使い方の説明書 Powered by AFFINGER5