iOS15 iPadの使い方 iPhoneの使い方 解決記事

【解決】iOS15のiPhoneでアプリが起動しない/開かない場合の対処設定方法

 Apple社の新型モデル「iPhone13」シリーズなど向けにリリース中の最新バージョン「iOS15.0」にアップデート後に「『AppStore』内にてダウンロード・インストールしたアプリが起動しない!ログインできない!開かない!などの対処方法や設定方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生することが考えられます。  下記が『【解決】iOS15のiPhoneでアップデート後にアプリが起動しない/開かない場合の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」アプリを開く→起動しないアプリを選択→「情報」タブから「このiPhone(iPad)に対応」と表示、「互換性」・「サイズ」を確認してください
  2. 「ホーム画面」→「AppStore」アプリを開く→起動しないアプリを選択→「情報」タブから「デベロッパWebサイト」から直接問い合わせてください
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポット以外の別の接続先を選択してください
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「(iPhone)ストレージ」からお使いのiPhone・iPad本体の空き容量が十分にあることを確認してください
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「バックグラウンド更新」から起動しないアプリをオンにしてください
  6. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「プライバシー」→「トラッキング」→「Appからのトラッキング要求を許可」をオンにし、アプリのトラッキングをオンにしてください
  7. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「プライバシー」から各項目を選択し、起動しないアプリをオンにしてください
  • 上記の設定でもiPhoneやiPad上の問題が解決できない場合について下記の設定方法を確認・実行してください
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンがインストールされていることを確認してください
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「システム終了」→「スライドで電源オフ」からiPhone・iPad本体の電源を一度落とし、その後に「電源ボタン」を長押しし、本体の電源を再起動してください
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「システム終了」を選択し、iPhone・iPad本体の「電源ボタン」を押し、本体の電源を再起動してください
  4. 「電源ボタン」を長押し→「スライド電源をオフ」を右にスワイプし、iOSデバイスの電源を終了し、再起動に試してください 
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

© 2021 スマホPCの使い方の説明書 Powered by AFFINGER5