「AppleWatch」の使い方 解決記事

【計測】AppleWatchで血中酸素濃度を自動測定できない場合の対処設定方法

 Apple社の腕時計「AppleWatch」など向けに配信中の最新バージョン「AppleWatchOS8.7」にアップデート後に「本体を装着しているときに血中酸素濃度を自動的に測定できない!計測できない!」などの対処方法や設定が分からない一部のユーザーが発生しているようです。

  下記が『【解決◎】AppleWatchOS8.7で血中酸素濃度を自動測定できない場合の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「Watch」アプリを開く→「マイウォッチ」タブの「血中酸素ウェルネス」を選択してください
  2. 「血中酸素ウェルネス」画面にて「血中酸素ウェルネスの測定」をオン、「睡眠モード中」と「シアターモード中」もオンにしてください
  3. 「AppleWatch」本体横の「デジタルクラウン」を押す→「血中酸素ウェルネス」アプリを選択し、本体を腕に付け、「開始」を選択してください
  4. 【追記】:測定したデータは「ホーム画面」→「ヘルスケア」→「ブラウズ」→「バイタル」もしくは「呼吸」→「取り込まれた酸素のレベル」から確認できます
  • 上記の設定でもAppleWatch上の問題を解決できない場合は下記の方法を試してください
  1. 「ホーム画面」→「Watchアプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンがAppleWatchにインストールされていることを確認してください
  2. 「ホーム画面」→「Watchアプリ」→「一般」→「情報」からAppleWatch本体の空き容量が十分にあることを確認してください
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「システム終了」→「スライドで電源オフ」からiPhone本体の電源を一度落とし、その後に「電源ボタン」を長押しし、本体の電源を起動してください
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「システム終了」を選択し、本体の「電源ボタン」を押し、iPhone本体の電源を起動してください
  5. 「サイドボタン」を長押し→「スライド電源をオフ」を右にスワイプし、AppleWatch本体デバイスの電源を終了し、再起動に試してください 
  6. 「サイドボタン」と「デジタルクラウン」を同時押し、「Apple」のリンゴマークが表示されるまで押し続け、本体を再起動してください
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

© 2022 スマホPCの使い方の説明書 Powered by AFFINGER5