iPhone、Android、Mac、Windowsの使い方を教えます

スマホPCの使い方の説明書

「Windows10」の使い方 解決記事

【解決】Windows10で「ゴミ箱」内のファイルが自動削除される場合の対処設定方法

更新日:

 Microsoft社から配信されている最新OS「Windows10」を搭載したパソコンを利用している際に「『ゴミ箱』内に移動させたファイルが一定期間を過ぎると自動的に削除されるのを無効化できない!などの設定の方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです

 下記が『【解決】Windows10でゴミ箱のファイルが自動的に削除されるのを無効化できないの対処設定方法』についてまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「システム」を選択してください
  2. 「システム」画面にて「ストレージ」を選択→「ストレージセンサー」の「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」を選択してください
  3. 「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」画面にて「一時ファイル」の「ごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」の期間を選択してください
  4. 「期間」画面にて「1日」「14日間」「30日」「60日」から「許可しない」を選択してください
  • 上記の設定でも「Windows10」の問題を解決できない場合の対処設定方法についてのまとめです
  1. 「デスクトップ画面」→「InternetExplorer」などのブラウザを最新バージョンにアップデートしてください
  2. 「デスクトップ画面」→「InternetExplorer」などのブラウザの「バージョン情報」から最新バージョンにアップデートされていることを確認してください
  3. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「マイコンピュータ」から「Windows10」以上のバージョンであることを確認してください
  4. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「再起動」もしくは「シャットダウン」を選択してください
  5. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」から不要なインストール済みのアプリケーションを削除してください
  6. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「WindowsUpdated」から最新バージョンにアップデートしてください
  7. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新プログラムをチェック」を選択してください
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

Copyright© スマホPCの使い方の説明書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.