iPhone、Android、Mac、Windowsの使い方を教えます

スマホPCの使い方の説明書

「UberEats」アプリの使い方 「出前配達」アプリの使い方 解決記事

【解決】ウーバーイーツアプリで各エラーコードが表示された場合の対処設定方法

投稿日:

 iPhoneやAndroid向けに配信中のお料理配達アプリ『UberEats』を利用している際に「アプリにて特定の処理を行った時にエラーコードが表示されるのを無効化できない!」などの使い方が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです

 下記が『【解決】「UberEats(ウーバーイーツ)」アプリで各エラーコードが表示された場合の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【『お届けの住所が店舗から遠すぎます』】:アプリ内のアカウントにて登録している住所と店舗までの距離がエリア外の場合に表示されます。配達可能エリアまで受け取りに行く必要があります。
  2. 【『お支払いプロフィールが有効ではない』】:アプリ内の「お支払い方法」画面から「LINEPay」以外の支払い方法に変更、もしくは再登録し直してください
  3. 【『ただいまご利用できません』】:店舗が営業時間外(もしくはお休み)である。対象地域内の配達パートナーが少ないに表示されます
  4. 【『カート内の商品は新しい住所に配達できません』】:店舗が休止(営業停止)、対象地域内の配達パートナーがいないことを表示しています
  5. 【『メニューが表示されない』】:対象店舗内に掲載されているメニューに変更があった場合や何らかの理由で掲載不可になった場合に表示されます
  • 上記の設定でも「UberEats」アプリの問題を解決できない場合の設定方法についてのまとめです
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」または「GooglePlayストア」の「アップデート」から「UberEats」アプリを最新バージョンにアップデートしてください
  2. 「ホーム画面」→「AppStore」または「GooglePlayストア」の「検索」から「UberEats」アプリの「詳細」からお使いのiOS・Androidのバージョンに対応していることを確認してください
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップデートしてください(iPhoneの場合)
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップデートしてください(Androidの場合)
  5. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」→「UberEats」アプリの「キャッシュを消去」を選択します(Androidの場合)
  6. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」→「UberEats」アプリの「強制終了」を選択します(Androidの場合)
  7. 「ホーム画面」の「戻る(画面右下)」を選択→バッググラウンド画面から全てのアプリを横にスワイプします(Androidの場合)
  8. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から全てのアプリを上にスワイプし、アプリを再起動させます(iPhoneの場合)
  9. 「電源ボタン」を長押し→「スライド電源をオフ」を右にスワイプし、iOSデバイスの電源を終了し、再起動に試してください(iPhoneの場合)
  10. 「電源ボタン」を長押し→「再起動」もしくは「シャットダウン」からAndroidデバイスを再起動後に試してください(Androidの場合)
  11. 【追記】:上記でも解決しない場合は、「UberEats」側のサーバーに何らかの障害が発生しているかもしれませんので、公式サイト・公式ツイッターなどに問い合わせてください
【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

Copyright© スマホPCの使い方の説明書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.